どうしてもお金が必要な時のキャッシング

キャッシングベスト3

どうしてもお金が必要な時、どこで借りればいいの?

相談させてください。諸事情でまとまった額のお金が必要になってしまったのですが、貯蓄を回しても足りません。今まで借金をしたことがなく、どこで借りていいやら途方に暮れています。キャッシングや銀行などで融資してくれるのは分かるのですが、いろいろなところがありすぎて、どこを利用していいやらサッパリです。どこで借りればいいのか、判断基準はありますか?

自分の生活スタイルに合ったキャッシングが一番です

初めてのキャッシングとのことで、迷われているようですね。安心なのは、大手消費者金融や銀行系キャッシングです。分からないことは担当者が丁寧に教えてくれるので、どんどん聞いてみましょう。事前に相談のみをして、対応の良かったところに決めるという人もいます。

また、生活圏内で使えるATMがあることも重要ですね。借りてはみたものの、店舗が遠く、返済も銀行手数料が取られるなど、不便では元も子もありません。店舗が近く、提携ATMが多いこと、返済が指定口座から自動引き落としが可能かなどでも、絞り込めますね。

お金を用意する期日が差し迫っているならば、すぐに借りられる消費者金融が良いでしょう。即日融資と掲げているだけあって、申込から借入まではかなりスピーディーです。ただし、総量規制と言って、年収の1/3までの借入という制限がありますので、希望額がご自身の年収の1/3を超える場合は、銀行系キャッシングにしましょう。銀行系キャッシングは、審査に時間を要しますが、総量規制の対象外ですので、返済能力に問題がなければ、希望額を借りられる可能性があります。実際のところは、担当者とよく相談してみてください。(即日キャッシングガイドから借入れするとかなり楽チンですよ)

どうしてもお金が必要な時にスムーズな借入れをする為の書類一式

自分は大丈夫だよ、と思っていても、いつ急な出費がやって来るかは本当にわからないものです。どうしてもお金が必要な時も長い人生の中で一度や二度は確実にあります。実家が資産家という羨ましいご家庭の方はともかく、お給料では足りなくてカードローンなどの借り入れに頼らざるを得ない方には、是非日頃から書類だけでも失くさずにすぐ準備できる状態にしておいて頂きたいものです。

いわゆるキャッシング、カードローンやフリーローンの申込み手続きで必ず提出を求められるのが、「身分証明書」です。これは運転免許証を筆頭に、健康保険証、住民基本カード、パスポートなど、公的機関が発行した『有効期限内のもの』が対象になります。運転免許証で有効期限が過ぎてしまっているものや更新し忘れたパスポートなどは身分証明にはなりませんので、気をつけましょう。

また、それらに記載されている住所が変更されていないときには、今の住所が確認できる書類の提出が別途必要になります。これらは公共料金の領収書や住民税の納付書などがあればOKです。いずれにしても、免許証の住所変更は公安委員会から来るはずの更新案内も届かなくなってしまいますから、転居したら忘れずに手続きしておきたいですね。

もうひとつ、「収入証明書」も準備しておきましょう。お勤めをされている方ならば、前年の源泉徴収票(年末調整をした後に渡されるB6サイズ大のもの)、今年に入ってからお勤めをされた方は、直近2~3ヶ月分の給与明細書(手書きや修正の入っているものは社印が押印してあるもの)があればOKです。

収入証明書は身分証明と違って、提出不要としているローンも数多くあります。しかし、手元にないと、申し込みのときに年収欄を正確に記入できないことになります。今、源泉徴収票などを見ずに、去年の年収はいくらだったか言える方はそうそう多くはいないでしょう。

念のためですが、年収は手取り額ではありません。所得税や住民税、社会保険料や年金保険料などがお給料から引かれる前の金額、税込みで前年稼いだ全額のことを年収と言います。この金額を手取りと勘違いすると、少ない金額で審査にかけられるので、希望額よりも少額の条件や審査落ちも考えられます。正しい年収を記入できるように、収入証明の書類は提出も有無に関わらず手元に用意できるようにしておきましょう。

重要な2つの書類は「身分証明書」と「収入証明書」です。その他に、他社からの借入件数や限度額、お勤め先の住所や電話番号、従業員数などがスムーズに書けるように、それらの書類も用意しておけば万全でしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ローン審査がより早い!甘い!ローンTOP3 All Rights Reserved.