早急にお金を作る方法が知りたい

キャッシングベスト3

早急にお金を作る方法を教えてください

家族が事故で入院になり、急遽お金が必要になってしまいました!保険金は下りますが、その間の入院費などが間に合いません!一番早くお金を作る方法はありませんか?とても焦っています!

キャッシングは即日融資可能です

まずは落ち着いてください。急な事故での入院で、大変動揺されているのは分かります。しかし、慌ててもお金は降ってきませんので、冷静に借入先を考えてみましょう。

一番借りやすいと言っては語弊がありますが、頼みやすいのは親戚などの近しい人に頼み込むことです。金銭的に余裕のある人が身近にいれば良いのですが、そう都合よくいるとは限りませんし、個人間の借り貸しは、後々トラブルの原因になる恐れがあります。借用書をきちんと作成し、公正証書まで作成すれば完璧ですが、わざわざそこまで付き合ってくれるほどの人は少ないでしょう。自分自身にも負担が掛かりますし、何より急ぎの借入には不向きです。

そこで強い味方になってくれるのが、キャッシングです。キャッシングは申し込みも簡単ですし、問題がなければ審査もかなり短時間で済みます。最短30分というスピード審査を掲げているキャッシング会社があるほどです。実際には、待ち時間も考慮するともう少し時間が掛かりますが、それでも、朝イチで申し込めば、遅くとも昼頃には借入可能になります。

また、キャッシングでは年収の1/3以上の借入が原則禁止であることと、新規申し込みは限度額が低くスタートするということがありますが、例外として医療費のための借入は年収の1/3以上の借入も可能です。医療ローン専門のキャッシングも存在します。

早急に借入をしたいのならば、キャッシングに申し込むのが一番良いでしょう。

早急にお金を作る方法はすぐに使える知識として持っておこう!

早急にお金を作る方法を知っておかないと、ある日突然の出費に対応できないかもしれませんよね?当日、または翌日にはお金が必要なこともありうる話です。そのときになって「あ~!どうしたらいいかわかんねぇや~!」とならないためにも、予備知識としてのお金の借り方は覚えておいて損はありません。

・用意するもの
どこへ申し込むにも必ず用意しなければいけないものがあります。それが身分証明書類と収入証明書類です。いざ申込みとなってから慌てることなく、いつでも提出できるようにしておきたい書類ですね。身分証明は免許証・健康保険証・パスポートのいずれかがあれば問題ありません。

収入証明は提出不要のローンも多くありますが、申込書への正確な金額の記入をスムーズに行なうためにも保管場所をはっきりさせておくと良いでしょう。前の年と同じ職場に勤めていれば前年の源泉徴収票、個人事業の方は前年の青色申告や確定申告書、今年に入って職場を変えた方は直近3ヶ月程度の給与明細を準備しておきましょう。

・どこへ申し込むか
銀行、消費者金融、信販会社など、申し込むところも数多くあります。ただし、もし即日融資を必要とするなら、銀行へは午前中の申込み、消費者金融でもあまり遅くなってからでは翌日の振込になってしまうことがあります。手続きはネットでもスマホでもできるところが沢山ありますので、早め早めに手を打つようにしたいものです。また、カードローンでも振込融資をしてくれるところやカード到着まで利用できないところが分かれていますので、しっかり手続き内容は確認してから申し込みましょう。

・どうやって申し込むか
先に少し触れましたが、今はネットやモバイル、スマホでの申込みができるところが増えました。消費者金融の大手は軒並みネット申込みが可能ですし、都市銀行やネット銀行のカードローンは全国対応で、やはりネットなどの通信手段を用いた申込みが可能です。また、カードがなくても振込で対応してもらえるところも多いので、決め打ちするならこれらの会社を狙うのが悩まずスムーズに事を進められるでしょう。

できることなら、困ったときはここに申し込もうという準備をしておくのがベターなのですが、そうでないときには手続きに手間取らない、振込融資可能、この2つに重点を置いた会社選びをするのが手っ取り早く済みますよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ローン審査がより早い!甘い!ローンTOP3 All Rights Reserved.